[ぎゃらりーたちばな]付属フォトログです。コメントはエキサイトブログユーザーに限定しました。感想などは親サイトのBBS・メールなどをご利用ください。


by s00170227-2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

白鳥の舞

e0104684_1244756.jpg

e0104684_12152266.jpg

金沢市の奥卯辰山公園で暮らす白鳥が見物客が誰もいない大池を舞台に私一人のためだけに見事な舞を披露してくれました。

[PR]
by s00170227-2 | 2013-02-12 12:19 |

河北潟で見る丹頂鶴

e0104684_7123017.jpg

河北潟に丹頂鶴来訪との地元紙で報道されました。石川県に丹頂鶴が来たのは5年ぶり、3回目だそうです。早速河北潟にタンチョウを探鳥に出かけたが第一日目は見つからず遠くにそれらしい鳥が飛んでいるのを見ただけ。第二日目はその辺りを中心に探してみると農道の脇に数台の車が止まっていてその向こうの田んぼに採餌中の大きな鳥が見えたのでまずは石川県らしく白山と丹頂鶴の図。
e0104684_7301864.jpg

実物は初めてだけど丹頂鶴です、写真や絵で見ていた朱色が頂きに見えていました。
(この鶴の正式名は「丹頂」だそうですが、私には「丹頂鶴」がピッタリ来ます)
[PR]
by s00170227-2 | 2013-01-24 07:32 | 能登
e0104684_1523491.jpg

2012年が明けて小正月も済み、まもなく大寒です。この寒さを凌げば春の足音が聞こえるようになります。
このところ山は雪でなかなか思う場所に入れないので海辺の汽水湖に集る冬鳥の観察に時々行ってますが、なぜか今年は冬鳥の姿が少なくて通年見ることの出来る鳥が多いような気がしています。
今週はそんな鳥の仲間で水辺の食物連鎖の頂点に立つという猛禽の「ミサゴ」が餌を運ぶ姿を見ることが出来ました。

[PR]
by s00170227-2 | 2012-01-21 15:11 |

ハクチョウの朝

e0104684_21304666.jpg

厳しかった寒さも一息をつき、暦は「雨水」雪から雨に変わる季節だということです。心持ですが風も暖かく感じてなにか春めいた気持ちになります。
ハクチョウたちもまもなく迎える「北帰行」に気持ちが移るのでしょうか?心なしかコウコウと呼び交わす声もせわしなく聞こえます。

[PR]
by s00170227-2 | 2011-02-21 21:37 |
e0104684_2225630.jpg

2010年も師走、12月に入りました。先日加賀と能登の境界にある河北潟干拓地を訪れると二番穂のある田んぼにコハクチョウが群れ、さらに数を増やしています。
今日の写真はその白鳥の飛来です。
[PR]
by s00170227-2 | 2010-12-08 22:08 |

かもさんお散歩

e0104684_2025892.jpg

近くの公園でカルガモのお母さんが子育てを始めた。この公園は金沢市有数のバラ園があり、この季節はバラを鑑賞する人達でいっぱいなのだが、小さな池の周りはこのカルガモ親子の愛らしい姿もみようと子どもからお年寄りまでいっぱいの人達の笑顔とおしゃべりが一日中絶えない。
そんな人達の注視のなかで子鴨たちは一日一日成長していってます。まもなく再度の引越しになるかもしれません。

[PR]
by s00170227-2 | 2010-06-05 20:32 |

コハクチョウー河北潟ー

e0104684_9502867.jpg

12月半ば過ぎに降った雪が溶けて水がたまった冬田でコハクチョウの家族が餌をついばんでいました。
[PR]
by s00170227-2 | 2009-12-27 09:58 |

オオタカ

e0104684_21235167.jpg

絶滅危惧種として心配されているオオタカに久しぶりに出会った。
動物写真家の宮崎学氏の調査によるとオオタカは環境への順応力は意外に強く、かつての生息地の里山の丘陵地が開発されていくなかでもしぶとく環境の変化に順応し生き残っていってるとのことだ。
もちろん、だから環境を激変させていいと言うことではないことはもちろんのことだ。
金沢市をとりまく丘陵地帯ではときおりオオタカの姿を見る事があり、私がよく丘陵を巡るのもそんな楽しみもあるからです。
ところが今年は夏以後はお目にかかることがなかったので心配だったのだが・・・・久しぶりに立派なオオタカに出会えました。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-12-06 21:36 |

着水

e0104684_6425058.jpg

先週に引き続いて富山市の田尻池、前回も書いたが現地への到着時間がほんの少し遅かったために白鳥の群れの着水場面には間に合わなかったが・・・
田尻池の端と端で餌やりをしていたので2箇所を移動する鴨たちが幾度も水面近くを離着水を繰り返していた。その一場面がこの写真です。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-02-21 06:49 |
e0104684_2121716.jpg
サークルの撮影会で今年も白鳥を撮りに行った。
夕方餌場から帰来するオオハクチョウの群れを狙ったのだが30分ほど遅く着いたので、すでに池に帰っていて群れの着水写真は撮れなかった。
池では夕方の餌づけで10種類ほどのカモと餌を求めるハクチョウで大騒ぎ!
特に餌場へいってなかったハクチョウの子どもたちはカモたちと必死の争奪戦を繰り広げていた。
童話に「みにくいアヒルの子」というハクチョウの幼鳥をテーマにしたものがあるが・・・
ごらんのようにこの時季の幼鳥大きさは成鳥なみですがは羽毛が灰色のままです。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-02-16 20:45 |