[ぎゃらりーたちばな]付属フォトログです。コメントはエキサイトブログユーザーに限定しました。感想などは親サイトのBBS・メールなどをご利用ください。


by s00170227-2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:金沢 ( 159 ) タグの人気記事

名前は「夕霧峠」ですが「朝霧峠」と呼びたいほど夜明けには峠から見ると下に広がる砺波平野を朝霧が覆っています。合掌造りでよく知られる五箇山あたりの山から川を流れ落ちるように朝霧が移動しています。
005.gif
e0104684_11231467.jpg

[PR]
by s00170227-2 | 2012-06-27 11:21

ササユリ 笹百合

e0104684_16151111.jpg

ササユリ、地方によっては「早百合」とも呼ばれ、花言葉は「清浄」「上品」。
林のなかで風に揺れる様はその花言葉を思い起こさせてくれます。
[PR]
by s00170227-2 | 2012-06-20 16:24 | 里山

鯵とハチメと居候猫

e0104684_105365.jpg

梅雨入りの朝、書店時代にお世話になった方から釣り上げたばかりの立派な鯵とハチメ(メバル)を頂いたので、写真に撮ろうと窓際に置くと我が家の居候猫のモー太が鼻をくんくんさせながら寄ってきて品定めをしていた。我が家の猫たちは調理済みの魚のほうが好物なので「はやく煮るなり、焼くなりしてくれとばかりに私を一瞥して通り過ぎていきました。
このあと鯵は刺身に、ハチメは煮てから人間3人+居候猫2匹の夜のおかずになりました。魚を届けてくれたSさん、ご馳走様でした>。
[PR]
by s00170227-2 | 2012-06-13 10:01 | 暮らし

ウシガエル

e0104684_985255.jpg

[ウシガエル=食用ガエル]
子どものころはこの大型の蛙を捕まえて近所の子どもたちとよくジャンプ力を競っていた。「食用ガエル」と呼ばれるくらいだから食糧難の時代にはこの蛙を専門に捕まえていた人も地域にはいたようですが、私はまだ食べたことはありません。聞くところによると鶏肉に似た味だそうですが、どうなんでしょうか?世界の各地で食用に輸入したものが野生化して在来の蛙のみでなく湖沼の生物を絶滅の危機にあわせているようで現在では「特定外来生物」に指定され、飼育・運搬・輸入などが禁止されているようです。これから梅雨を迎えてこの蛙が生息する湖沼では特徴のある牛の鳴き声のような声が聞こえてきます。
声は聞こえても目に見えない生きものの代表の生物ですが、先日久しぶりにその姿を見て写真に撮りました。この個体はまだ小さいものでもっと大きくなります。
005.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-06-03 09:33 | 里山

タンポポの綿毛が飛んだ

e0104684_11554138.jpg

いま山里の原っぱではタンポポが綿帽子を被って揺れています。そんなタンポポから強めの風に乗って綿毛が飛んで行きます。
[PR]
by s00170227-2 | 2012-05-20 12:00 | 植物
e0104684_1024214.jpg

私の所属する写真集団、恒例の春の撮影会が曇り時々雨の天候のなか行われました。静かな公園が一面桜に包まれたステキな世界でした。今週公開した一枚は「400年の森」の風景です。
029.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-04-19 10:14 | 金沢

雪どけのフキノトウ

e0104684_21405830.jpg

金沢市の南部に広がる丘陵地帯が雪どけの季節を迎え、車の入れる道が少しずつ広がり雪の無くなると同時にフキノトウなど草の新芽が待ったなしとも言える勢いで延びてきています。
005.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-04-14 21:48 |

花の中の華 クロッカス

e0104684_1624473.jpg

春の早い時期に素敵な模様の筒状の蕾を見せたと思うと艶やかな魅力的な花を見せてくれる「クロッカス」。私が毎年心待ちにしている春の花で、どちらかというと花開く直前の蕾に惹かれるのですが開いた花弁の中心にさらに「花の中の華」とも言える鮮やかな彩が見えます。私はこれを「花の中の華」と呼びクローズアップ撮影を試みています。
056.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-04-03 16:10 | 植物
e0104684_5581.jpg

我が家の近くに観光客が訪れる通称「忍者寺」を含む寺町寺院群があり、私のカメラ散歩のコースに入っている。犀川から桜橋の坂道を寺町寺院群に上がると無縁仏を弔うために作られた「人骨延命地蔵尊」という碑の立つ大円寺があり、塀の内側から少し遅咲きの蝋梅の古木が見事な花を大空に広げています。
その蝋梅の花に季節外れの春の雪が風情を添えてくれました。
005.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-03-14 05:20 | 金沢
e0104684_2275026.jpg

兼六園では万作の花が咲き、つい先日は紅梅がほころびました。わが家の周りの雪も土が顔を出しこの二三日ですっかり裏道の路面も舗装した顔を見せています。この様子だといつもフキノトウが顔を出すお宅の庭て゜は春の息吹が目に見えているのでは・・・、と行ってみると幾つものフキノトウが萌黄色のかおを出していました。そのうちの一株を頂きコップに生けてスーパーで買ってきたウドと一緒に撮影してみました。題名は「わが家の春」、いかがでしょうか。もちろんこのあと天ぷらか何かにして春を食したいと思っています。
056.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-02-25 22:10 | 植物