[ぎゃらりーたちばな]付属フォトログです。コメントはエキサイトブログユーザーに限定しました。感想などは親サイトのBBS・メールなどをご利用ください。


by s00170227-2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
e0104684_8454326.jpg

11月後半、冬を思わせる冷たい風の吹く大根畑のすぐ横の畑地に今年も漬物用の大根を干す合掌の架が組み立てられ白い大根が並びました。
農家のご夫婦で朝から掘り出した大根を用水の冷たい流水で洗って合掌の架にかけ終わるときにはすっかり日は落ちてもう夜になってしまいました。
その暗い中で白く見える大根を車のライトの照明で撮影してみました。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-11-29 09:02 | 金沢

湖秋

e0104684_10142957.jpg

秋はどんどん山を下り近くの内川ダムの湖面に映りこむ雑木も裸木が多くなってきています。
このあたりはしばらく前まで朝早くからキノコ採りの人たちの声がよく聞こえてきましたが・・・
晩秋のいまは枯れ葉の風に転がる音さえ聞こえる静かな世界です。
もうすぐ人は入りこめない雪の世界になります。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-11-24 10:16 | 風景

岩魚

e0104684_6131029.jpg

医王山へ行く途中、小豆沢町の近くの道路際にいつも気になるガラスの水槽がある。
大きさは横1.5メートル、縦50センチ、高さ1メートルくらいで山からの水が流れ込んでいるものです。
水槽の内側には中が見えるていどに水苔もついていてその中を岩魚が泳いでいます。
近くには岩魚を食べさせてくれる小屋とその養殖池があるので、その看板代わりのもののようです。
それにしても番人が居るわけでもなく頑丈な檻の中にあるわけでもなく、このあたりはいろいろな野生動物も多く、熊も棲むところなので(人間も含む)動物たちに盗られることなどは無いのでしょうか?
そんなことを思いながらなんだか水の中に居るような気分で一枚撮らせてもらいました。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-11-16 06:31 | 生きもの

白川合掌集落の秋

e0104684_4265149.jpg

機会があって駆け足ではあったが合掌集落の里「白川」を見てきた。
私はどちらかというと富山県の菅沼集落・相倉集落などもう少し規模の小さいところが好きなので、これまで白川萩町には入ることが無かった。
今回はその規模の大きい萩町を少し散策し、多くの観光客といっしょにその秋の風情を楽しんできました。
写真は集落の中ほどにある寺で鮮やかに色付いていた紅葉です。
[PR]
by s00170227-2 | 2009-11-09 04:36 |

遠望ー剣岳・立山ー

e0104684_3384648.jpg

10月後半は夜明けに金沢と富山福光の境界にある医王山によく出かけて、色付き始めた紅葉(黄葉)と立山連峰の夜明けの風景を楽しんでいます。
「医王山」は高さは900メートルほど、金沢から近く高さのわりには様々な登山の楽しみを提供してくれること、頂上付近まで舗装された林道があるので金沢や福光方面からの登山やドライブを楽しむ人たちが多いところです。
私にとっては、自宅から30分ほどで砺波平野の向こうの剣岳から槍が岳・穂高までの山なみが一望でき、眼を転じれば「白山」の頂も金沢の市街地から日本海まで見える絶好のロケーションが魅力です。
写真は夜明けの剣岳~立山です。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-11-02 03:59 | 風景

黄葉に染まるブナ原生林

e0104684_575784.jpg

来月の初旬に来る姉たちを迎えるための下見を兼ねて、小雨の白山スーパー林道から白川~五箇山~大牧ダムと大急ぎで回ってきた。
天候が良くなかったのであまり期待していなかったのだが・・・。
これが大当たり、
白山スーパー林道の秋は年によって紅色と黄色のバランスが変わるのだが、この日は雨に洗われたブナの原生林が今までに見たことの無いような見事な黄葉の世界を見せてくれた。
5,6年も前になるだろうか・・・、「錦綾なす」と云う表現がピッタリの紅と黄のバランスがとれたブナ原生林の秋色に感嘆したことを鮮烈に覚えているが、今回の全山を黄色に染めた風景はそのときに勝るとも劣ることのない見事な風景でした。
天候が良ければこの季節のスーパー林道では全国から紅葉撮影に来るグループや個人のカメラマンを多く見かけるのだが、小雨と言う気象条件のためか一組の写真グループのみがブナ原生林が紡ぎだした見事な黄葉の風景に運良く出逢い、夢中でカメラを向けていました。
この見事な光景を彼らはどう切り撮ったのか? 気になるところです。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-10-28 05:13 | 風景

夜明け -白山を見るー

e0104684_6533464.jpg

しばらくぶりに白山の夜明けを撮りたいと白峰地区の西山の林道にカメラを据えた。
天候は前夜の予報どおり素晴しい夜明けを見ることが出来た。
ただその感動を伝えきれないのが残念です。
写真は日の出を受けて白山の峰が輝きながらだんだん見えにくくなっていくところです。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-10-22 07:00 | 白山麓

故郷の獅子舞

e0104684_19475656.jpg

白山市で全国獅子舞フェスティバルがあった。
県外から招待をを含めての個性あふれる23団体の獅子舞が路上で、ステージで楽しめた。
なかでも招待された香川県三木町の「二條の獅子舞」に出会えたことはとてもうれしいことでした。
この獅子舞が行われている三木町井戸は私の故郷の隣町で子どものころはよく出かけたところで、香川県独特の鐘を使ってのリズムは私の身体にしみこんだものです。
また少しお話も出来たのですが・・・故郷の讃岐弁を聞いたのもうれしいことでした。
何十年ぶりの故郷の獅子舞は激しい動きと[コンケンコンチキコンチキチッチ]と鐘が引き出すリズムに思わず身体自体が反応していました。
写真はその二條の獅子舞の踊りです。

[PR]
by s00170227-2 | 2009-10-13 20:06 | パフォーマー

裸婦像 富山県民会館

e0104684_2354497.jpg

第20回JRP富山支部写真展」を見てきた
「JRP富山支部」と私の所属する「JRPかなざわ支部」は兄弟のような関係で、かなざわ支部創立メンバーの 大泉さんが(故人)長くタッチしていた支部です。
でも全体としての作風は対照的で、かなざわ支部が単写真中心の気の置けない親しみやすい作品が多いのにくらべ、富山支部は組み写真が中心で力のこもった作品が並びます。
評価については作者の狙い、見る人の好みの問題でもあるので「どちらがいい」ということでは無いのですが・・・、やはり富山支部展を見るときにはなんとなく覚悟がいるような気がしてきます。
まあそんな感じで富山支部の写真を楽しみ会場である会館を出ようとしたときロビーでこの裸婦に出会いました。
[PR]
by s00170227-2 | 2009-09-28 00:09 |

朝光(あさかげ)

e0104684_192385.jpg

天気予報で降水確率0パーセントと出ていたので「晴れ」と勝手に解釈し、久しぶりに夜明けの「白山」を撮ろうと白峰へ未明4時前に家を出た。
約一時間掛けて白山全景が広がる林道に到着、しかし白山の空は厚い雲に覆われて峰の一部のみがかろうじて見える状態になっている。
そして山に向かって雲が朝光を受け、まるで紅の波となって押し寄せるような風景が見えた。
林道を下ってくると雲間を通った朝光(あさかげ)が斜面を縞模様に照らしていた。
e0104684_18505388.jpg

[PR]
by s00170227-2 | 2009-09-13 19:09 | 白山麓