[ぎゃらりーたちばな]付属フォトログです。コメントはエキサイトブログユーザーに限定しました。感想などは親サイトのBBS・メールなどをご利用ください。


by s00170227-2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

黄金の草

e0104684_10301118.jpg

「今週の一枚」(2013年10月1日)は朝日を受けて黄金色に輝くエコログサです。私はこの季節のエコログサをひそかに「黄金の草」と読んでいます。
005.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2013-10-01 10:33 | 里山

浜辺のオニユリ

e0104684_9545899.jpg

白山市の海岸砂丘地では浜辺に続く砂坊林の中でオレンジ色のオニユリの花が咲いています。
058.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2013-07-30 10:00 | 植物
e0104684_1821660.jpg

写真はフキノトウの花と見られる蕾が開いたものをアップしたものです。

12月から彩の少ない金沢の我家の冬を変りばんこに飾ってくれたフキノトウですが、さすがに平地では見られなくなってきましたが、残雪のある山里では雪どけの下からまだ萌黄色の花を見せてくれています。そのフキノトウをクローズアップしてみると小さな素敵な花が集まって黄色い花と思われていたのですね。
037.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2013-04-02 18:36 | 里山

霜の朝

e0104684_2194633.jpg

春の訪れと共に山里の雪は消え始めましたが、まだまだ夜明は寒くて山里は霜に覆われていました。そのなかで草の葉に乗っかるような朝霜の姿が印象的でした。
005.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2013-03-19 21:14 |
e0104684_1932232.jpg

秋になると気になる木がある、近所にある大きな交差点の角にある秋色のグラデーションが緑から朱色へときれいに変化していく様子が一時に見えるものです。ただいつもそのことに気がつくのは車で通り過ぎるときなので撮影する時間もないし、駐車するスペースも無い。ということで毎年撮影しないままに過ごしてきました。もっとも大通りの交差点ということで電柱、電線、周りの建物や看板などが多くてどう切り撮るかのアングルも簡単には決らないということもあります。今日は思い切って近くのカメラ店の駐車場に車を止めて不審そうな人目を気にしながら何枚か写してきました。空も曇っていてやはり難しい撮影でした。そのなかでも少しはマシかな?という一枚をアップしてみました。
026.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-11-06 19:43 | 金沢

白い木槿(むくげ)の花

e0104684_6221866.jpg

しばらく前から我が家の玄関先で白い芙蓉のような花が咲いている。連れ合いがせっせと水をやっていた育てている鉢植えで、毎年のように花が咲くと蟻たちが集まってくる。時にはその蟻が家の中にも集団で入ってきて家族のパニックを起していますが、それがこのむくげの花です。
古くは芭蕉や一茶、そしてアララギ派の斉藤茂吉も歌い、いまも無数の短歌や俳句で詠まれ続けていて「信念」という花言葉ももつこの花は日々新しくなりながら今朝も咲いています。
038.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-09-03 20:25

待宵草

e0104684_15292165.jpg

いま私の近くの更地になった住宅跡で月見草によく似た黄色の「待宵草(まちよいぐさ)」が咲いています。花言葉の「ほのかな恋」は宵を待って咲き夜明には散る一夜花のはかなさから来ているのかもしれませんね。
宵待ち草という呼び名は大正時代の画家で詩人でもあった竹久夢二の作による詞「待てど暮らせどこぬ人を宵待ち草のやるせなさ」から広まった呼び方だそうです。
花言葉にはほかに「移り気」「静かな恋」「和」「強調」などがあります。いずれにしても盛夏を迎えるこの季節の朝、まだ咲き残っている黄色の花を見るととてもなんとなく力づけられる気持ちになります。
005.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-07-17 15:32 |

タンポポの綿毛が飛んだ

e0104684_11554138.jpg

いま山里の原っぱではタンポポが綿帽子を被って揺れています。そんなタンポポから強めの風に乗って綿毛が飛んで行きます。
[PR]
by s00170227-2 | 2012-05-20 12:00 | 植物
e0104684_1024214.jpg

私の所属する写真集団、恒例の春の撮影会が曇り時々雨の天候のなか行われました。静かな公園が一面桜に包まれたステキな世界でした。今週公開した一枚は「400年の森」の風景です。
029.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-04-19 10:14 | 金沢

雪どけのフキノトウ

e0104684_21405830.jpg

金沢市の南部に広がる丘陵地帯が雪どけの季節を迎え、車の入れる道が少しずつ広がり雪の無くなると同時にフキノトウなど草の新芽が待ったなしとも言える勢いで延びてきています。
005.gif
[PR]
by s00170227-2 | 2012-04-14 21:48 |